デリヘル ヴィーナス

デリヘルの知識がない男がデリヘル呼んでみた

初めての風俗店

数ヶ月前のことでしょうか、初めて風俗店を使ってみました。
そもそも風俗にそこまで興味もなく使う気なんて全くなかったのですが
たまたま友達がデリヘルにハマっていて、しきりに良い!最高!使わないなんてもったいない!とゴリ押しされ
そこまで勧めるなら1度試してみるかと興味が湧き挑戦してみました。
デリヘルって比較的リーズナブルで家に呼べるんですね(笑)
ネットで調べたらたくさん店もあって驚きました。
なんとなく良さそうなお店を見つけて電話をかけたんですがそこでちょっと事件。
「ご指名は?」と聞かれ全く決めていなかった私は軽くパニックになり「おすすめで!」と伝えたのです。
私の年齢や好きなタイプを聞かれ電話を切りました。
そのときは電話が終わった安心感とついに遊べるというワクワク感でいっぱいでした。

やってきた女の子

大体40分くらい待っていてほしいということだったので軽く部屋の片づけをしながら待っていました。
片付けしながらもかわいい子が来てくれて・・・それであんなことやこんなことをしてくれる・・・
なんて妄想が膨らんでいるわけです。
興味がないと言っていた自分が恥ずかしいです(笑)
ちょうど40分ぐらい経ったときチャイムが鳴りました。
期待に胸を膨らませ玄関を開けると時が止まったようでした。
そこにはお姉さんというよりおばさん、グラマーというより中年太りという言葉が似合うかなり年配の女性が立っていました。
確かに年上女性はキライじゃないと言いましたが
これは許容範囲外です。
今回が初めてのデリヘル。
チェンジという言葉も知らず、知っていても勇気がない私は家へと入れたんです。

肝心のサービスは?

サービス内容は自分でも把握していました。
見た目はタイプじゃなくてもサービスが良かったら・・・と気持ちを入れ替えたのですが
その夢は見事に打ち砕かれることになりました。
最初に聞いていたプレイをリクエストしても「ダメ、ダメ」
あまりにも対応が悪く勃起するどころが、だんだんイライラしてきて早々に帰ってもらいました。
もちろん、それでもお金はばっちり取られましたよ。
あまりにも頭にきてお店に電話をしてもクレームは受けていないということでした。
その時、チェンジするという女の子を変えてもらえるシステムがあることを後から知りました。
ネットでいろいろ調べると「おまかせ」が1番危ない呼び方なんですね。
しっかり下調べして呼ぶべきだったと後悔しました。
今後は十分に気をつけたいなと思います。